まずは道具のご紹介です。


・イラストボード
CIMG1178CIMG1177

写真は表と裏です。
メジャーなミューズのボードです。
画材屋さんなら大抵あるでしょう。
紙質は「ホワイトワトソン」を使います。


・シャーペンと消しゴム
CIMG1169

北海道ではメジャーな、JR北海道のキャラ「kitaca」のシャーペンです。
北海道に旅行に行ったときに気に入って買いました。
やばい可愛さですよ!!!!!!!11
http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/index.html

消しゴムはこれまたメジャーなMONOです。

私の使う道具はメジャーな物が多いですね…


・コピックマルチライナー 茶 0.1
CIMG1167

線画の第一段階に使う、自己主張しない良い子です。


・コピックマルチライナーSP 黒 0.05
CIMG1173

線画の第2段階で使う、兄貴的存在です。
ちなみに、普通のマルチライナーとマルチライナーSPの違いは、ペン先およびインクが交換できるか出来ないかの違いです。
茶も出来ればSPが良いんですが、存在しないのか、もしくは私が行く店にないだけなのか…


・uni-ball Signo
CIMG1171CIMG1172

ホワイトが上塗り出来るペンです。
水性なので下に塗ったコピックが濃い色の場合は多少透けますが、細かい部分に白いハイライトを入れたいときなどかなり重宝します。
普通の物と、太い物があります。


・コピック
CIMG1166

最後に、これです。
もう…入らないよぉ…っ…

いつかはじけ飛ぶんじゃないかと思って怖いです。


------------------------------------------------------------------------------------------------
★初めての方のコピックの選び方(コピックスケッチの場合です。チャオは使ったことがありません)

まずは自分の描きたいキャラクターを明確にして、

・肌色(最低、地の色と影の色の2色は必要)
 (地はE000、影はE70がオススメ。ほほに赤みを差す場合は、R01がオススメ。私はR02を使っていますがちょっと濃いと感じるので)
・描きたいキャラの髪の色 その影となる色
・描きたいキャラの服の色 その影となる色(影はグレーで代用可の場合もある)
・その他、黄色、赤など、ワンポイントに使える華やかな色
・グレー系を色の濃さを分けて3色(地の色を塗った後に重ね塗りで影色にも出来るので重宝)
 (人の好みによりますが、T系統がオススメです。試し描きできる店で試して納得のいく色を買いましょう)
・薄い紫(深みを出す隠し味に使えます。BV00あたり。)
・0番(カラーレスブレンダー)
・コピックマルチライナー 黒(0.05か0.1がオススメ)
・コピックではないが、uni-ball Signoは重宝します。

このあたりをスターターセットにして、合計で7000円くらいになるかと思います。
後々描きたいキャラが出てくる度に足りない色を追加していくのが良いと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------


さて、では実際に絵を描いてみましょう。

「塗る前の準備 その2 ~線画~」